【刺繍の道具】カーボン紙はチャコペーパーとして使えるのか?

道具

21/10/28 記事をリライトしました!

皆様こんにちは!刺繍研究員の910(クドウ)です( ´∪`*)

今回の記事は 「カーボン紙はチャコペーパーとして使えるのか?」です。

いつもは スマ・プリ を愛用している私ですが、何分お値段が張ります・・・
しかし、チャコペーパーでは中々綺麗に図案を写すことができない!

と、悶々としていたところ、カーボン紙で図案を写せるという噂を聞きました。
早速試してみたので、皆さんの参考になればと幸いです^^*

スポンサーリンク

結論

早速、結論を言いますと、

 

使えます!

 

むしろ、チャコペーパーより弱い力でハッキリと線が出るので
とても写しやすかったです。

今回使用した生地が白かったのもあってか、とてもハッキリと写せました。

アップで見てみるとこんな感じ。

チャコペーパーで描く際は、結構力を入れて描かないと写らなかったりします。
今回はお試しということで、かなり力を抜いて描いてみました。

普通にノートにペンで文字を書くような力の入れ加減です。
それでこの写りの良さ!

素晴らしい(*´◒`*)

注意点

ただ注意点が1つ。

チャコペーパーのように
簡単には消せません

チャコペーパーで描いた線は水で消えますが、
カーボン紙は水では消せません

消し方を調べてもみたのですが、削り落とすしかないようで…
実質布に写してしまったものを消すことは出来なくなります。
失敗できないので逆に緊張感がでます^^;

2019/01/09 追記
石鹸で洗うと消えるとの情報が!
ニコルさんコメントありがとうございます^^*

画像のように描いた線を隠すようにちょっと外側に刺繍しなければいけません。
図案を写す際は気持ち小さめで描いたほうがいいかもしれませんね´`*

何本取りで線を隠せる?

電球の光っている部分のアップ画像です。

今回、全体的に糸は 3本取り で刺繍してみたのですが、
ストレートS を入れただけでも隠れてくれました。

これが1本取りとなると、難しいかもしれません。

本当に見えない?

斜めから見た図。

ちゃんとカーボン紙で描いた線は見えなくなっています(*´◒`*)ヨカッタ

注意すべき点はありますが、中々この方法は気に入りました!
(本当はデニムに図案を写せるかと思って買ったのですが、ダメでした・・・残念)

使用材料

まとめ

  • 力を入れずに図案を写せる
  • 1度描いた線は消せない(失敗できない)
  • 線を隠すように刺繍しなければいけない
  • 細い線は不向き
  • デニムには写らない!

【スポンサーリンク】




最後に

カーボン紙は文房具屋さんに行けば売っていますし、100円均一にもありますよね!
手に入れやすいのはポイント高いです( ´∪`*)

ご意見ご質問がありましたらコメントお願いします!
コメント欄はズズイと下にスクロールしてもらえるとあります。

ではでは!
また次の記事でお会いしましょう´`*

気に入ったらポチッとお願いします!
励みになります( ´∪`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

お気に入り商品

910オススメ商品です。
楽に楽しく刺繍するために是非持っておきたい商品ばかりですよ(*´◒`*)

created by Rinker
¥550 (2024/02/20 20:42:55時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥880 (2024/02/20 16:45:14時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥968 (2024/02/20 16:45:14時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥594 (2024/02/21 04:03:38時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥528 (2024/02/21 04:03:38時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥732 (2024/02/20 16:45:14時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
フランス刺しゅう針
¥440 (2024/02/20 23:43:17時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

  1. おきょう より:

    こんにちわ。
    私も図案はカーボン紙を使っています。30年以上。チャコペーパーも使ったことはありますが、やはりカーボン紙に戻ります。カーボン紙は両面の紺色。1枚で破れるまで使えますのでコスパも良いです。
    図案を写すときはカーボン紙の上に透明のセロハン紙を置き鉄筆でなぞります。
    消えにくいので大作の刺繍にうってつけ。また線がきれいにはっきり出ますので刺繍がきれいに刺せます。
    欠点は黒い布などには写ってもラインが見えません。なので黒い布の時はチャコペーパーを使います。

    刺し終わった後はやはり石鹸で丁寧に洗い落とします。石鹸はお肌に優しい固形の牛乳せっけんを使っています。
    細かに刺した部分などはなかなか落ちませんので石鹸をこすりつけ指先でごしごしもみ洗いしますが(結構大胆?)、刺繍にダメージを与えたことはありません。
    石鹸で洗った後すすぎ、水1,000CCにキーピング(液体糊)を10CC位入れ薄め作品を浸し軽く絞って干します。生乾きのうちに裏から(必ず)アイロンをかけ仕上げをします。
    乾いてからカーボン紙のインクが残っているところを見つけることは良くありますが、やり直します。
    展示会などで作品にインクが見えるとがっかりしますので。
    参考になれば幸いです。

    • おきょうさん

      コメントありがとうございます!
      おきょうさんもチャコペーパーの代わりにカーボン紙をお使いなのですね^^*

      最初にチャコペーパーの代わりにカーボン紙が使えると聞いた時は半信半疑でしたが、結構使っていらっしゃる方がいるので納得です!
      そうなんですよ!チャコペーパーだと、写りが弱いですし、刺繍していると段々と消えてきてしまうのが悩みで…
      910も数日かかる大きな作品を刺繍するときは悩みの種でした。

      カーボンの落とし方も丁寧にありがとうございます^^*
      結構もみ洗いしても、刺繍糸が切れるなんてことないですよね!
      そこら辺は910も大胆にゴシゴシもみ洗いしてしまっています 笑

      > 水1,000CCにキーピング(液体糊)を10CC位入れ薄め作品を浸し
      作品をパリッと仕上げるためにしてらっしゃるのかな?
      こちらは初耳でした!作品が長持ちしたりするのでしょうか??

      展示会で作品発表もなされているのですね!
      どんな大作なのかと気になってしまいます^^*

      コメントありがとうございました!
      また是非遊びにきてくださいね。

  2. ニコル より:

    カーボンのラインは固形石鹸を使うと綺麗に落とせますよ。
    私は濡らした歯ブラシに固形石鹸をつけて、ラインを優しく擦ります。
    最後に布自体をぬるま湯お水でもにつけて優しく押し洗いします。

    • 910 より:

      ニコルさん

      コメントありがとうございます!
      カーボンで書いた線が石鹸で落ちるとは!嬉しい驚きです^^
      書いてくださった方法、是非試してみたいです。

      これで書き損じも怖くありませんね 笑