【刺繍の道具】針の捨て時・替え時っていつ?【刺繍針/縫い針】

道具

針が黒ずんでいる?布通りが悪くなった。
もしかして針の寿命かな(・・?)
でも本当に…?

皆様こんにちは!刺繍研究員の910です( ´∪`*)

針の捨て時って分からないですよね。
刺繍初心者だった頃、何度も調べました!
…あ、嘘です。いまだに調べます。

自分への備忘録としてもこの記事にまとめておこうと思います^^*

 

スポンサーリンク

針が曲がっている/折れてしまった

まずは、もう使えない(修復できない)状態の針です。

  • 曲がっている
  • 折れてしまった

残念ながらこうなってしまってはどうしようもありません。
捨て時です。あきらめましょう。

正直、910はここまで針を使い倒した事がありません(なので画像の用意もできませんでした)
捨て時で悩んでいる方は次以降の状態なのではないでしょうか?

 

布通りが悪い

針を使い始めた当初は、もっとスルスルヌルヌル通っていたのに、
最近は滑りが悪くなっている気がする。
こんな風に思っていませんか?

この原因は です。

パッと見、新品と変わりなく見えると思いますが、
比べてみるとちょっと曇っていませんか?

針が錆び始めてしまった、と言う状態です。

針が黒ずんでいる

黒ずんでいる=錆 です。

1つ前の「布通りが悪い」よりも
錆が進行してしまった状態です。

こうなると布通りが最悪で、
針を抜く際の音も悪いです。
キュキュッや、ギユムムと嫌な音がしませんか?

910はこの音が嫌いです(・_・;

【スポンサーリンク】




錆を落とす事は出来る?

この記事に辿り着いた方は、
布通りが悪くなった/針が黒ずんでいる 状態の方が多いかなと思います。

で、その錆落とせるの(・・?)
落とせるなら落として使い続けたい

ですよね。

錆び取り剤 で検索すると沢山出てきました。
910が使った商品はこちら。

created by Rinker
¥496 (2024/06/16 01:15:21時点 楽天市場調べ-詳細)

元々は別用途で買ったものですが、
金属の錆が取れるなら、針の錆も取れるのでは?
と思って使ってみたら、見事取れました!

錆び取り剤:さびとりつや之助

ドロッとした薄茶色の液体で、
いらない布やスポンジ、または錆に直接つけて磨きます。
と、使用方法が書いてありました。

910はこんな風に使用しています。

  1. コピー用紙2つ折りの上に溶剤を出す
  2. 針を溶剤に浸ける
  3. 満遍なく溶剤が付いたらティッシュで拭き取る
  4. 黒ずみが無くなるまで2−3を繰り返す

メーカー元では磨くとしていますが、
ティッシュで拭き取るだけで錆が取れています!

楽ちん気持ちいい!

ちなみに、針穴にも溶剤が入り込んでしまいます。
910は糸を通して拭き取っています。

昔調べて出てきた方法、
金属磨きで磨く、アルミホイルで擦る
では苦労をしたものです(・_・;

どんなに磨いても、擦っても錆が取り切れる事はありませんでした。
手や腕も疲れますしね。

磨く前と、磨いたあとのビフォーアフターです。
どうです!綺麗でしょーーー!
本当に同じ針なんですよ、これ!

そんな苦労知らずの錆び取り剤ですが、
万能!これで解決!とまではいきませんでした。

錆の再発

残念ながら錆は再度現れます。
その上、現れるまでが早いんです。

新品 → 錆の発生
錆び取り剤 → 錆の再発

この2つを比べると、
錆び取り剤 → 錆の再発 の方が期間が短いんです。

針に元々施されているメッキ加工が剥がれているのが原因かなと思います。
(違ったらごめんなさい)

布通りが少し悪い

新品の頃のスルスルヌルヌルとした針通りは復活しません。
引っかかったり、嫌な音が鳴ったりという事はありませんが、
新品に今一歩及ばず、と言う感覚です。

これもメッキ加工が剥がれてしまったのが原因かなと思います。
(違ったらごめんなさい)

910愛用の針

今まで書いていた感想は
クロバーのフランス刺しゅう針で検証したものです。

created by Rinker
¥495 (2024/06/16 01:15:21時点 楽天市場調べ-詳細)

他の針だと違うかもしれません。
特にメッキ加工の違いで結果が変わるかもしれませんね。
メッキ加工のない針もありますし(チューリップとか)

何故錆び取り方法を模索しているのか

910がこんなにも調べているのには理由があります。

折れや曲がりでは諦めがついても
錆を理由に捨ててしまうのが勿体無い!

からです。
でも、今回紹介した錆び取り剤では
あまり納得のいく結果ではないんですよね(・∧・)

他の方法よりも楽に錆は取れますが、
錆のない状態が長持ちしません。
なので、頻繁に磨く必要があるんです。
これが、まぁ、面倒臭い。

なので、次回は

そもそも錆を発生させないようにする方法

をいくつかご紹介しようと思います( ´∪`*)

最後に

さびとりつや之助を作っている高森コーキ株式会社の
公式オンラインショップへのリンクを貼っておきますね。
https://takamori-kohkishop.com/

使い方や注意事項などが載っているので参考にしてください^^*
今調べて知りましたが、新潟県の会社でした(親近感)

ご意見ご質問がありましたらコメントお願いします!
コメント欄はズズイと下にスクロールしてもらえるとあります。

気に入ったらポチッとお願いします!
励みになります( ´∪`*)

ブログランキング・にほんブログ村へ

お気に入り商品

910オススメ商品です。
楽に楽しく刺繍するために是非持っておきたい商品ばかりですよ(*´◒`*)

created by Rinker
¥550 (2024/06/15 11:08:59時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥880 (2024/06/16 01:15:21時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥594 (2024/06/15 14:09:28時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥528 (2024/06/15 14:09:25時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥732 (2024/06/16 00:45:55時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
フランス刺しゅう針
¥440 (2024/06/15 09:46:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメント